2004年12月 国立病院等再編成計画により国立病院機構大牟田病院と筑後病院が統合し、この地において国立病院機構大牟田病院として開設
2005年6月 外来管理治療棟増改築
2010年9月 11病棟(重度心身障がい児(者)病棟)・さんさんホール新築
2011年6月 機能訓練棟新築
2011年9月 研修センター(OCC)新築
2011年11月 福岡県認知症医療センターの指定を受ける
2012年5月 CT装置更新(64列)
2015年3月 感染症病床2床新設
2015年4月 膠原病内科外来開始
2016年4月 MRI装置更新(3テスラ)

 


(旧大牟田病院)

1942年12月 福岡県立大牟田結核療養所として建設に着手
1944年4月 建設途中で日本医療団に移管
1944年6月 日本医療団銀水園として開設
1947年4月 厚生省に移管・国立療養所屋形原病院分院銀水園として発足
1947年8月 国立療養所院銀水園として独立
1975年4月 重症心身障害たちばな病棟開設
19761年4月 重症心身障害ぎんすい病棟開設
1977年4月 国立療養所大牟田病院と改称
2004年4月 独立行政法人国立病院機構大牟田病院として発足
2004年12月 独立行政法人国立病院機構筑後病院と統合

 


(旧筑後病院)

1942年 私立結核療養所松風園として創設
1944年4月 日本医療団に移管
1947年4月 厚生省に移管・国立療養所屋形原病院分院赤坂療養所として発足
1949年4月 国立療養所銀水園分院国立赤坂療養所となる
1950年4月 国立赤坂療養所として独立
1983年4月 国立療養所筑後病院と改称
2004年4月 独立行政法人国立病院機構筑後病院として発足
2004年12月 独立行政法人国立病院機構大牟田病院と統合