医療安全管理室の業務

1. 医療事故・クレーム対応
  • 医療事故発生時は患者様の救命を第一に各部署のスタッフが対応しています。また、「医療事故調査制度」についても適切に対応するための委員会を設置しています。
  • 外来には患者様相談窓口を設け、相談内容によりそれぞれの担当者が対応できるよう体制を整えています。
2. インシデント事例分析
  • インシデント、アクシデント 事 例 に 対 し 4M4E (4M=Man/Machine/Media/Manage-ment ・4E=Education/Engineering/Enforcement/Example) Im SAFER(医療現場で発生するインシデント・アクシデント事象を効果的に分析することを目的に開発された体系的なヒューマンエラー分析思考手順)などの分析ツールを使用し,問題点を明らかにすると共に再発防止のための対策を検討・実施しています。
3. 情報共有の為の発信
  • 院内外の情報を収集して院内情報システムを使用し、各職員への情報提供を行っています。
4. 医療安全の為の研修
  • 教育担当者との連携を取りながら、年 2 回の全体研修を始め医療安全研修を計画・実施しています。
5. マニュアル作成・改訂
  • 医療安全のためのマニュアルを作成、適宜追加・改定を行い最新の治療・処置に対応できるよう整備しています。

医療安全を確保することは、質のよい医療サービスを提供する上での最重要課題といえます。法的にも医療安全を確保するための措置として、医療安全管理のための指針を整備することや医療安全管理のための職員研修などが義務付けられています。

当院でも「ヒヤリ・ハット報告」や「インフォームド・コンセント」等、また医療事故や紛争が起きた場合の対応策としては「事故発生時の報告体制」を整え、病院の理念でもある「病む人の気持ちを大切にして安全で最善の医療を提供」するために日々活動を行っています。


医療安全の組織体制


病院長


医療安全管理委員会

委員長:副院長

院内事故調査委員会

委員長:外部委員
副委員長:副院長

(医療事故調査制度対象事案の検討)

臨時医療安全管理委員会

委員長:副院長

(医療事故調査制度対象外事案の検討)

医療安全管理室

医療安全管理室長:副院長

医療安全管理係長:看護師

セーフティーマネジメント委員会

委員長:医局長

医師・医療安全管理係長・各病棟・各部署の代表者

ワーキングチーム
ワーキングチーム
ワーキングチーム

転倒・誤薬等の防止の為ラウンド・教育を実施

マニュアル作成・改訂を実施し医療安全管理員会に提案

事例分析と対応策の検討

安全な医療の提供