理念

  1. 安全で安心な治療効果の上がる美味しい食事の提供
  2. 健全な経営基盤の確立
  3. チーム医療を充実させ、質の高い医療を提供する
  4. 栄養管理に関する臨床研究の推進

スタッフ

管理栄養士4名

(NST専門療法士2名・臨床栄養師1名・福岡糖尿病療法指導士1名・小児アレルギーエデュケーター1名)

調理師6名
非常勤調理師3名
非常勤事務職員2名
その他(委託スタッフ)12名


入院中のお食事について

適時適温の食事

温冷配膳車を使用して温かい料理は温かい状態でお食事を提供いたします。

 

食事時間

朝食 昼食 夕食
08:00 12:00 18:00

各病棟の食堂はご自由にご利用いただけます。

食事の種類

当院では約60種類の食事を準備し、個人の病状・摂食嚥下機能に応じた食事を提供いたしております。

 

一般食
常食
軟菜食(分粥)
流動食
特別食
糖尿食・心臓食・腎臓食・
脂質異常食・潰瘍食・
肝臓食・膵臓食・
貧血食
嚥下食・ 形態調整食・
ハーフ食・重症心身障
がい食など

 

選択メニュー

毎週2日(水・木曜日の昼食・夕食)、一般食の患者様を対象に選択メニューを実施しています。

 

昼食選択食例
夕食選択食例

 

嚥下食例

 

個人対応食

「食欲がない」「口内炎があってしみる」「喉に痛みがある」など食事が食べにくい、飲み込みにくい方へは、個別に対応するようにしています。

行事食について

季節に合わせた行事食を計画し、メッセージカードを添えるなど季節ごとに楽しみのある食事を提供しています。

1月 正月(おせち料理)・七草粥・鏡開き 2月 節分・バレンタインデー
3月 ひなまつり 4月 お花見弁当
5月 子どもの日 6月 紫陽花御膳
7月 七夕 9月 敬老の日・彼岸
10月 地産地消メニュー(有明御膳) 12月 クリスマス・年越しそば

栄養管理計画書作成

当院では、入院患者様に栄養管理計画書を作成して、必要に応じて栄養状態の再評価を実施する体制を構築しています。


栄養食事相談

  • 個人栄養食事相談(外来・入院)

生活習慣病や呼吸器疾患など、病気と栄養・食事には深い関わりがあります。各疾患に適した食事相談のほか、低栄養の場合は適切な栄養補給を、過栄養の場合は適正な栄養管理を、患者様の状態にあわせた栄養食事相談を行っています。
その他、集団を対象とした生活習慣病教室も実施しています。


栄養サポートチーム(NST)

栄養状態に問題のある患者様を対象に、多職種(医師・管理栄養士・看護師・薬剤師・検査技師・言語聴覚士)で連携してカンファレンス、ラウンドを毎週実施し、栄養状態の改善に努めています。
平成25年4月~日本静脈経腸栄養学会NST稼働施設認定
平成27年7月~NST加算算定実施(当院一般病棟対象)

NST勉強会について
2か月に1回、奇数月にはテーマを決め各ジャンル認識者担当のもと勉強会を開いています。 医療従事者で、NSTに興味がある方はどなたでも参加できます。(参加費無料)ご興味がある方は、お気軽にぜひ参加してはいかがですか。
お申し込みはお電話かFAXにてお願いします
国立病院機構 大牟田病院 栄養管理室
電話(代表)0944-58-1122
FAX(直通)0944-58-1445
受付時間: 月~金(祝祭日を除く)8:30~17:15

次回NST勉強会予定

日時 テーマ 担当

2017/11/1

17:30~18:30

 医療関連機器圧迫創傷(MDRPU)の予防と管理

~経鼻経管栄養について~

 栄養指標の見方

 花村皮膚排泄ケア認定看護師

 臨床検査技師

2017年度 年間予定 

日にち テーマ 担当

2017/5/10

 NSTの意義・呼吸器疾患の栄養管理

 NSTの流れ・SGAについて

 赤﨑内科医長

 荒畑神経内科医長

多数のご参加ありがとうございました。

2017/7/5

 摂食・嚥下関連活動と効果について

  阿部摂食嚥下障害看護認定看護師

多数のご参加ありがとうございました。
2017/9/6

   リハビリテーションと栄養

 経腸栄養剤について(特徴と効果的な使用方法)

 松尾主任言語聴覚士

 伊澤管理栄養士

多数のご参加ありがとうございました。
2017/11/1

   医療関連機器圧迫創傷(MDRPU)の予防と管理    ~経鼻経管栄養について~

 栄養指標の見方

 花村皮膚排泄ケア認定看護師

 臨床検査技師

2018/1/10

 静脈栄養について

 薬剤師

2018/3/7

 症例(研究)発表会

 (NST介入症例・摂食嚥下機能療法症例等)

 NST委員メンバー

その他のチーム医療参加

  • 各種チームに参加して、入院中の患者様の栄養食事摂取量の増加・栄養状態の改善などに取り組んでいます。(褥瘡ラウンド・NSTラウンド・摂食嚥下ラウンド・緩和ケアラウンド)
  • 各病棟のカンファレンスの参加を通して、より的確な栄養ケアプランの作成を行い、多職種との情報交換・共有による栄養管理の充実を図っています。