薬剤部長挨拶

薬剤部の業務は、医師の処方箋に基づく調剤業務を始め、抗がん剤無菌調整、製剤、医薬品の在庫・品質管理、医療品情報の収集・管理、治験業務のみならず入院患者様のベッドサイドでの薬剤管理指導業務(薬品名、効能、服用方法、副作用等の説明)を実施しています。さらにチーム医療では、感染防御(ICT)や栄養サポート(NST)、緩和ケア、筋ジスポートサービスなどへの参加、また医療安全管理委員会などを通じて医薬品の適正使用を推進しています。

患者様を中心とした良質な医療と安全で安心な薬物療法の提供に努めたいと考えています。

薬剤部門責任者 薬剤部長  佐多 卓也

 


スタッフ

薬剤部長、副薬剤部長、主任薬剤師、薬剤師3名、事務職員1名
(外来がん治療認定薬剤師1名、有機溶剤作業主任者技能講習修了者1名、NST専門療法士1名、認定実務実習指導薬剤師1名)


業務内容

調剤事務

安心してお薬が飲めるように、薬の量は適切か、飲み合わせは悪くないかなど処方の内容を確認して調剤を行っています。当薬剤部における調剤の特徴は、服用しやすいように錠剤を1回分ずつ分包したり、錠剤を粉砕したり散剤として調剤するケースがとても多いことです。

注射薬調剤業務

注射せんに従って注射薬の取り揃えを行います。注射薬の投与経路や投与量、投与速度、配合変化はないか等を確認し、患者さま毎にセットして供給しています。

薬剤管理指導業務

医薬品の適正使用を進めるため、病棟毎に担当薬剤師を設定して、服薬説明をはじめ入院患者さまの持参薬の確認、併用薬の問題点の確認、検査値のチェックなどを通して副作用を早期に発見することや、病棟で医薬品が適正に保管・使用されるための情報提供に努めています。 

抗がん剤無菌調製

抗がん剤の調製を薬剤部で行うことは、安全で均一な質の高い医療提供を行う上で重要なことです。この業務は平成19年度に始まり当初は一部の調製をしていましたが、現在は、入院患者さまを対象に全ての化学療法の調製を行っています。

医薬品管理業務

医薬品の管理すなわち購入・保管・供給を行っています。中でも保管は各薬剤に適した条件で厳密に行われています。また適正在庫にも非常に配慮して、過不足のない在庫管理に努めています。病棟の救急カート内の薬剤の点検や交換等も定期的に行っています。 

医薬品情報管理業務

医薬品医療機器等安全性情報をはじめ、医薬品の副作用、添付文書の改訂、回収、製造中止等様々な情報の収集・評価・管理を行い、院内スタッフへ発信しています。また、患者さまやご家族の方へ薬に関する情報など提供しています。当院において薬剤によると思われる副作用が発生した場合は厚生労働省へ報告を行っています。

チーム医療・教育

NST(栄養サポートチーム)やICT(感染制御チーム)といった医療チームの一員として、その他の医療スタッフと協力しつつ、患者さまに最適な薬物療法が行われるように努力しています。また、新任者や医療スタッフへの講義等も行っています。

治験管理業務

現在、新薬開発に協力し認知症およびパーキンソン病の治験を実施しています。今後は呼吸器関連の治験へも参加していく予定です。また市販されている薬剤の副作用や効果等を調べる市販後調査にも積極的に参加しています。薬剤部は事務局業務を主に行っていますがCRC(治験コーディネーター)と協働し、治験管理業務により一層関わっていきたいと考えています。