【目的】

看護実践者としての役割と責任を自覚し、根拠に基づいた看護を計画的に実践する。