【目標】

  1. 患者・家族反応を受け止め、根拠に基づいた看護を実践できる。
  2. 看護実践のなかでの倫理的問題に気付くことができる。
  3. 自己の課題を見出し、文献学習する。