【目的】

看護実践者としての役割と責任を持ち、病棟の課題や看護の質の向上に向けて主体的に取り組むことができる。