【目的】

看護実践の役割モデルとなることができる。