【目的】

専門性の発揮、管理・教育的役割モデルとなり研究への取り組みができる。